地域

泥んこになって自然満喫 金武町たんぼフェスタに6千人

金武町たんぼフェスタのかけっこ大会で泥の中を一生懸命に走る参加者ら=5日午前11時すぎ、金武町金武のネイチャーみらい館

 【金武】第8回金武町たんぼフェスタinネイチャーみらい館(主催・NPO法人雄飛ツーリズムネットワーク、共催・琉球新報社)が5日午前、金武町金武のネイチャーみらい館で始まった。多くの家族連れが会場に足を運び、めったに入ることのない田んぼで、泥遊びを満喫した。約6千人がイベントに参加した。
 ゴーグルを身に着けた参加者は茶色に濁った田んぼに恐る恐る足を踏み入れ、水深を確かめた。田んぼに慣れてくると、児童らは底から泥をすくい上げ「キャー、キャー」と叫びながら、満面の笑みで泥を投げ合った。午前11時から始まったかけっこ大会では田んぼの中を一生懸命走る子どもたちでにぎわった。
 雄飛ツーリズムネットワークの松田健人理事長は「田んぼなどの自然をじかに感じてもらい、この機会に親子の絆も深めてほしい」とイベントの意義を語った。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス