経済

大韓航空ソウル便が初就航 初日搭乗率95%

仁川―那覇間の定期便初就航を記念した式典に出席する大韓航空の金正洙日本地域本部長(左から4人目)、翁長雄志知事(同3人目)ら関係者=5日午後6時21分、那覇空港国際線ターミナル

 韓国の航空会社最大手の大韓航空が5日、那覇―ソウル(仁川)間の定期便を初就航させた。同社の定期便は県内で初めて。初日の仁川発の搭乗者数は236人で搭乗率は95%だった。同路線を定期就航する航空会社は7社目で、同社の国際線としては118番目の定期就航となった。
 同社は那覇―仁川間のチャーター便を1~2月に20本、石垣―仁川間を2月に1本運航していた。今後は平均90%以上の搭乗率を目指す。
 同日、那覇空港国際線ターミナルでは定期就航を記念した式典が開かれた。大韓航空の金正洙日本地域本部長は「韓国からの乗客のみならず、沖縄から韓国への利用客増にもつなげたい」と話した。【琉球新報電子版】
英文へ→Korean Air Lines starts flight between Naha and Seoul