社会

狭い農道に米軍車 注意要請従わず 住民ら「大変危険」

細い農道を通行する米軍の大型トラック=2日午前11時ごろ、東村の米軍北部訓練場近く

 【東】2日午前、東村高江区の米軍北部訓練場付近の細い農道(幅4メートル余)を米軍の大型車両が2台通行した。東村は昨年11月に同じ農道を大型米軍車両が通行し住民の車が脱輪したため、沖縄防衛局に対し農道を通行する際は十分な安全確認をすることを米側に申し入れるよう要請していた。

 農道の米軍車両の通行や事実確認に対し、6日午後8時現在で、沖縄防衛局から琉球新報の取材に対する回答はない。
 東村によると、農道は公道のため車両の通行制限はできないが、できるだけ県道など広い道を通るように呼び掛けている。村は「通行する際は注意してください」と英字で書かれた標識を新たに4カ所に設置している。
 高江区の仲嶺久美子区長は「区民の方から、きょうを入れて3日連続で米軍車両が農道を通っていると連絡を受けている。区民の妨げにならないようにしてほしい」と話した。高江区に住む松葉孝雄さんは2日、農道で米軍車両を見掛け、通行しないよう意思表示した。
 松葉さんは「この細い道を大型車両が通ると大変危ない。通行しないでほしい」と語った。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス