くらし

体伸ばして美しく、健康に ラジオ体操指導者の講習会に65人 正しい動きを学ぶ

指導者を対象にした講習会でラジオ体操の正しい動きを解説する講師の岡本美佳さん(手前左)とアシスタントの五日市祐子さん(手前右)=8日午前9時52分、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇

 ラジオ体操の指導者を対象にした春季講習会(NPO法人全国ラジオ体操連盟、沖縄地方ラジオ体操連盟主催)が8日午前、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇で開かれた。65人が参加し、講師から正しい体の動かし方を学んだ。
 NHKのラジオ体操を担当する岡本美佳さんを講師に招いた。腕の曲げ伸ばしでは、岡本さんは「瞬発力を高める動きになる。腕を瞬時に伸ばすことが大事」と解説した。首の運動では「首に負担が掛からないように」と助言した。
 講習会の受講で、地域でラジオ体操を指導する資格「ラジオ体操指導員」の申請ができる。沖縄地方ラジオ体操連盟の浦崎猛会長は「指導資格を取って地域で正しく効果的な体操を広めてほしい」と話した。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス