国際

【中国時報】蔡総統記念切手、国旗を使用せず

 5月20日に新しい総統・蔡英文が就任するのを記念して、記念切手が発行されるが、就任記念切手で初めて台湾国旗があしらわれない図柄になりそうである。

 今回の記念切手は、1組4枚つづりで、5元と12元の切手が各2枚セットとなっている。絵柄は4種類で、いずれも総統と副総統・陳建仁のイラストがあしらわれている。なかにはデジタル・ゲームのキャラクター風のものもあり、従来の台湾国旗と肖像画風の絵柄とは異なるのが特徴である。
 デザイン担当者によると、過去の就任記念切手は元首の権威を強調したイメージで、これを打破してよりカジュアルにし「庶民との距離を縮める意図がある」と述べている。発売は総統の就任日となる。