人事・訃報

リウボウHD社長に大城氏 沖縄ファミリーマートは野崎氏

 リウボウグループ(比嘉正輝代表)は10日、2016年度の役員人事を発表した。リウボウインダストリーとリウボウストアの持ち株会社であるリウボウホールディングスは、社長の糸数剛一氏(56)が代表取締役会長となり、新たな社長に沖縄ファミリーマート社長の大城健一氏(54)が就任する。沖縄ファミリーマート社長には、常務の野崎真人氏(54)が昇格する。

 ホールディングス代表取締役会長の比嘉正輝氏(72)は取締役にとどまり、糸数会長、大城社長とともに代表権を持つ。グループ11社を統括するリウボウ社長は引き続き比嘉氏が務める。役員人事は25日の株主総会と取締役会で正式に決定する。
 リウボウグループは3月に、インダストリーとストアそれぞれの総務・人事・経理・情報システム部門をホールディングスに統合する組織改編を実施した。比嘉氏は、糸数氏が百貨店を中心とした営業拡大、大城氏が内部の管理部門に注力する狙いを説明した。
 沖縄ファミリーマートは取締役商品部管掌の平良良勝氏(53)、取締役開発部長の奥間直人氏(51)の2人が常務に昇格する。ファミリーマートから出向する高橋博氏が取締役FC研修部長に就く。
 リウボウホールディングスは、人事部長の金城恵氏(59)と情報システム部長の比嘉修氏(51)を取締役に新任する。金城氏は初の女性役員となる。
 大城 健一氏(おおしろ・けんいち)1961年生まれ。立正大卒。93年に沖縄ファミリーマート入社。取締役管理部長、専務取締役統括本部長などを経て13年5月に社長就任。
 野崎 真人氏(のざき・まさと)1961年生まれ。法政大卒。損保会社勤務を経て、95年に沖縄ファミリーマート入社。取締役営業部長などを経て13年5月から常務。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス