経済

USJ、沖縄進出撤回 ボニエCEOが正式表明「大阪に集中投資」 

 【東京】米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社、ユー・エス・ジェイ(大阪市)は11日、沖縄県へのテーマパーク建設から正式に撤退することを決めた。ジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)が同日午前、首相官邸を訪れ、和泉洋人首相補佐官に説明した。同日午後の記者会見で、菅義偉官房長官が明らかにした。11日午後に、沖縄県にも計画撤回を正式に伝達する見通し。

 菅氏によると、USJ側は撤退の理由について「大阪のユニバーサルスタジオに集中投資を行う一方、沖縄進出については見送りたい」などと説明した。菅氏は会見で「民間企業の経営判断であるわけだが、沖縄進出の見送りは極めて残念だ」と述べた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス