経済

泡盛メーカー売上高169億 ピーク時43%の減 東京商工リサーチ沖縄支店発表

 東京商工リサーチ沖縄支店は12日、独自調査による泡盛酒造所45社の現状分析を発表した。45社の最新決算(14年12月期~15年12月期対象)の売上高合計は169億2232万円で、最盛期に比べて43・6%減少したと推定した。一方、最新決算と前期決算が比較できた36社のうち14社が増収となっており、同支店は「右肩下がりに歯止めが見えてきた部分もある」と分析した。

 売上高の最高は25億円で、4社が10億円を超えた。一方で、売上高1億円未満の酒造所が過半数の24社を占め、最小は1500万円だった。同支店は「辛うじて採算を維持している程度の零細企業がほとんどを占めていることが顕著だ」と指摘した。
 調査は、来年5月に酒税軽減措置の延長期限を控える中、消費減少が続く泡盛業界の動向を把握するために実施した。決算資料を公開する酒造所が少ないことから、業界全体の経営に関する独自調査はほとんどなかった。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス