経済

アスリート人生考えよう 6月8日、那覇でシンポ

 プロアスリートの現役引退後のキャリア支援について考えるシンポジウム(那覇商工会議所青年部主催)が6月8日午後6時40分から、那覇市ぶんかテンブス館・テンブスホールで開かれる。入場無料。

 県内ではFC琉球、琉球コラソン、琉球ゴールデンキングスなどのプロスポーツ団体が近年活躍を見せている。一方、引退後の人生には就業などの面で課題があるという。シンポではアスリートのキャリア支援に関わる神田義輝氏が基調講演するほか、元巨人の大野倫氏ら元プロ選手や会社経営者ら7氏が登壇して意見を交わす。

 17日、琉球新報社を訪れた那覇商工会議所青年部観光文化・スポーツ委員会の長濱健二委員長らは「プロスポーツを盛り上げる意味でも、将来の不安をなくす環境づくりは大切だ」と話した。問い合わせは那覇商工会議所青年部(電話)098(868)3758。