政治

島尻氏「地位協定は抜本改定を」 県選出国会議員の立場強調 

島尻安伊子沖縄担当相

 【東京】島尻安伊子沖縄担当相は24日の閣議後会見で、米軍属女性死体遺棄事件を受けて、日米地位協定について「自民党県連としても、改正、改定について求めざるを得ない」と述べた。

 島尻氏は「事件に関して身柄の引き渡し等に関する地位協定が立ちはだかってしまう可能性はある」と述べ「私自身、地位協定に関してこれまでも県選出国会議員の立場で、抜本的な改定は要請してきている」として抜本的な改定を求めている立場を強調した。一方、事件に抗議する県民大会の参加については「詳細について出ていないので、現時点でコメントは控えたい」として具体的な言及を避けた。
【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス