社会

「綱紀粛正」県民を守らない 県女団協が日米両政府に抗議

「綱紀粛正という言葉は県民守らない」と強く抗議する県女団協の大城貴代子会長=25日、那覇市の外務省沖縄事務所

 県女性団体連絡協議会(女団協)の大城貴代子会長らは25日午前、那覇市の外務省沖縄事務所を訪ね、米軍属女性死体遺棄事件に抗議し、県内の米軍基地の撤去や事件事故の再発防止の徹底などを要請した。

 これに対し同事務所の中野大輔副所長は「米国側へ捜査への全面協力、綱紀粛正、実効性のある再発防止を申し入れている」と回答した。その上で「こういう事件が起こり理解を得るのは難しいと思うが、失われた県民の信頼を取り戻していきたい」と話した。

 女団協の大城会長は「綱紀粛正という言葉が県民の人権を守るものでないことは明らかだ」と憤り、具体的な策を講じるよう強く求めた。

 女団協は同日、嘉手納町の沖縄防衛局にも抗議・要請を行う。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス