スポーツ

琉球コラソン監督、水野裕紀氏が就任 「全力で職務を」

   水野 裕紀

 ハンドボールの琉球コラソンは1日、新監督へのCB水野裕紀の就任を発表した。選手も兼ねる監督就任に際し「難しいことも多いと思うが勝利のため全力で職務を全うしたい。日本一強いチームをつくっていきたい」とコメントを寄せた。2日、県庁で会見を開く。

 山梨県甲州市出身、駿台甲府高、早稲田大を経て甲府クラブに所属。日本ハンドボールリーグ(JHL)にコラソンが参入した2008年に入団、攻守で存在感を発揮してきた。

 チーム創設とJHL参入から8年間チームを率いて今年3月に退任した東長濱秀作の後を引き継ぐ。ゲームのコントロールにたける水野の采配が注目される。