社会

「守ってあげられずごめん」 翁長知事、現場に献花

 翁長雄志知事は1日、米軍属女性遺棄事件で被害者の女性の遺体が見つかった恩納村の現場を初めて訪れた。翁長知事は花を手向け、女性の冥福を祈るとともに「二度と事件を起こさせない」と誓った。

 翁長知事は献花後、報道陣の取材に応じ「『守ってあげられなくてごめん』と、事件事故が起きるという仕組みを変えることができなかった政治の至らなさをおわびした」「『無念だったでしょう。二度と起こさないように先頭に頑張っていく』とお話しさせてもらった」と神妙な面持ちで述べた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス