政治

県議選 期日前投票15万人 全体の14%、前回比40%増

 県選挙管理委員会によると、第12回県議会議員選挙の期日前投票者数の最終集計は、無投票の名護市区を除いて15万250人だった。2012年の前回選挙の最終集計より40・1%増え、4万3011人多かった。5月26日現在の選挙人名簿登録者数106万9402人(無投票の名護市区除く)の14・0%を占めた。

 選挙区再編で那覇市区に離島7町村が加わった那覇市・南部離島区で4万251人が投票した。那覇市は前回より1万5643人多い3万7616人だった。

 うるま市区は前回より501人増えた8724人で、沖縄市区が同1947人増の1万1117人、宜野湾市区が同3285人増の9390人だった。浦添市区も前回から2357人伸び1万2332人で、豊見城市区は5594人と前回より2103人増加した。前回無投票の糸満市区は6983人だった。

 選挙区再編で南城市区に与那原、南風原、八重瀬の3町が加わった島尻・南城市区は1万4373人だった。前回無投票の宮古島市区は7639人。国頭郡区は同1082人増の1万1064人で、中頭郡区が同3533人増の1万5568人。石垣市区は前回から1386人減らし7215人だった。