社会

84人を追加刻銘 糸満市摩文仁の平和の礎 沖縄戦犠牲の刻銘者24万1414人に

新たな名前が刻まれた石板を取り付ける作業員ら=10日午前10時、糸満市摩文仁の「平和の礎」

 沖縄戦などで亡くなった戦没者の名前を刻む糸満市摩文仁の「平和の礎」で10日午前、2016年度の追加刻銘が確定した84人(県内69人、県外15人)の名前が刻まれた石板が設置された。刻銘者は追加分を含め24万1414人となった。
 小雨が降る中、作業員が新たに刻銘された石板を傷つけないよう、丁寧に取り付けた。
 県内の追加刻銘者には本島内の戦没者のほか、パラオで亡くなった人なども含まれる。今年は外国人の追加刻銘はなかった。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス