経済

南国の甘~いマンゴー、パイン全国へ 宮古島ゆうパック出荷式

宮古島産のマンゴーを頬張る子どもたち=4日、宮古郵便局

 【宮古島】宮古島特産のマンゴーとパインのゆうパック出荷式が4日、宮古郵便局(高良靖局長)で開かれた。今年は暖冬の影響で宮古島産マンゴーの出荷量の大幅減産が見込まれる。関係者らは品質をPRし、消費拡大に期待を寄せた。

 宮古郵便局によると、本年度のマンゴー取扱量は前年度より約1万箱減った3万5千箱を見込む。パインは前年度より約400箱多い2千箱の出荷を目指す。

 出荷式で高良局長は「宮古島産のマンゴーとパインは甘い香りと濃厚な味わいで全国から高い評価を受けている。今年も全国で心待ちにしている皆さんへお届けしたい」と話した。生産者を代表して辺土名忠志さんは「今年のマンゴーは大幅に減産の見込みだが、品質自体は南国の日差しをたっぷりと浴びて、おいしく仕上がっている。マンゴーとパインを通して宮古島のファンを増やしたい」と意気込んだ。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス