政治

「土人」発言に抗議決議 県議会 賛成多数で可決、自民は反対 

機動隊員による「土人」発言などに対する抗議決議を賛成多数で可決する沖縄県議会=28日午前、沖縄県議会本会議場

 米軍北部訓練場のヘリパッド建設の抗議現場で、県外機動隊員が「土人」「シナ人」などと差別発言をしたことを受け、沖縄県議会(新里米吉議長)は28日午前、臨時会を開き、発言に抗議する抗議決議と意見書をそれぞれ与党と中立会派の賛成多数で可決した。沖縄・自民会派は「現場の抗議参加者の発言も自制すべきではないか」などとして反対した。県議会は後日、県公安委員会と県警本部に対し、抗議決議を手交する。

 決議は「発言は県民の誇りと尊厳を踏みにじり、癒やしがたい深い傷を与えた」「法を守り、市民県民の人権を守る先頭に立つべき機動隊員らによる発言に対し、県内外から多数の非難が出ており、不信感が広がっている事実を警察関係者は受け止めるべきだ」などと指摘している。【琉球新報電子版】

英文へ→Prefectural Assembly adopts resolution of protest against discriminatory remarks by riot police



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス