教育

東大野球部監督「文武両道」説く 那覇高で講演会

生徒に語り掛けるように講演する浜田一志さん=9日、那覇高校

 那覇高校(宮城勉校長)は9日、東京大学硬式野球部監督の浜田一志さんを講師に招いて「文武両道のすすめ」と題した講演会を開いた。部活生を中心とした生徒約150人が浜田さんの話に聞き入った。

 本業は学習塾の経営だという浜田さんは「限界を決めずに挑戦することが重要だ」と強調。教員にも「生徒に現実的な目標を設定させるのではなく、先生も(生徒を)信じてチャレンジさせることが大事だ」と呼び掛けた。

 また、同大野球部員のうち現役で入学した学生は、部活動の引退後に勉強時間を増やす傾向があったことを紹介し、「部活引退後の空いた時間を勉強に振り向けると現役合格に近づく。部活生は体力があるので可能だ」と話した。

 講演を聞いた同校野球部主将の平良俊幸さんは「受験生の時間の使い方が参考になった。部活と勉強のバランスが大事だと感じた」と話していた。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス