社会

不明ヘビ、天井裏にいた 那覇市松山 飼い主発見

天井裏で発見されたペットの蛇(飼い主提供)

 那覇市松山の店舗内で飼われ、行方不明となっていたヘビ(ボールパイソン)が26日午後11時ごろ、同店舗の天井裏で発見された。閉店作業中だった飼い主が天井裏から物音がするのに気付き、発見された。

 ヘビは体長約1・5メートル、体重約2キロの雄で無毒のニシキヘビ科。18日午後5時ごろから行方をくらませており、那覇署は万が一に備え、注意を呼び掛けていた。那覇署の担当者は「ヘビにも人にもけがなどなく、一安心した」と胸をなで下ろした。

  ◇   ◇
体長1.5メートルのヘビ、那覇市松山で逃走( 11月22日掲載)

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス