くらし

来月9日から本格運行 那覇・真和志地区乗り合いタクシー

 那覇市真和志地区で実証実験をしていた地域乗り合いタクシーが、1月9日から本格運行する。鏡原第一交通が事業を受託し運行する。11月下旬までだった実証実験期間を1月8日まで延長する。

 市都市計画課によると、実験を始めて以降利用者が増加し、10月の1カ月の利用者は100人以上だったという。今後も利用者の増加が見込まれるとして、市地域公共交通会議が11月28日に本格運行を決めた。

 乗り合いタクシーの運行区間は繁多川、識名、松川3丁目、三原3丁目、寄宮3丁目、上間1丁目、長田1・2丁目の自宅と寄宮交差点周辺のバス停、モノレール安里駅を結ぶ。

 運行時間は午前7時から午後7時半まで。30分ごとに最大2台が運行している。運賃は大人300円、小学生150円、未就学児無料。乗車には予約が必要。予約は1時間前までにフリーダイヤル(0120)780124まで。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス