経済

初競り 石垣牛枝肉キロ3600円 前年比140円高

JA石垣牛の枝肉の初競り=6日、石垣市の八重山食肉センター

 【石垣】JA石垣牛枝肉の初競りが6日、石垣市の八重山食肉センターで開かれた。15頭が競りにかけられ、最高値は1キロ当たり3600円で、前年(15頭)に比べ140円高かった。

 一方、2016年の販売実績は好調な観光を背景に需要が増加した影響で8・9%増の751頭、31・0%増の9億9906万円と大幅に伸びた。

 初競りの平均価格は前年比46円高い2963円となった。等級は最高ランクの「A5」が4頭、「A4」6頭、「A3」5頭。最安値は2250円だった。

 JA石垣牛肥育部会の宮良出力部会長は「多少ばらつきはあるものの、上物率は高くなっている。1頭当たりの重量も上がり、品質も良くなっている傾向にある。今年は770頭の生産を目標に、さらなる頭数増、重量増につなげたい」と話した。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス