芸能・文化

ディズニー新作主演の吹き替えに屋比久さん

屋比久 知奈さん(提供)

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは17日午後、3月10日公開予定の新作映画「モアナと伝説の海」の日本語吹き替え版で、主役のモアナを沖縄市の屋比久知奈(やびく・ともな)さん(22)=琉球大4年=が演じると発表した。屋比久さんは「モアナは新しい世界に踏み出し、悩みながら一歩一歩強く進んでいく。誰もが経験することなので、たくさんの方々に共感していただけると思う」とコメントしている。

 この映画は南の島の少女モアナが大海原へ冒険に出るという物語。「リトル・マーメイド」「アラジン」を手掛けたロン・クレメンツ、ジョン・マスカー両監督の作品だ。

 屋比久さんは幼い頃からバレエを習い、2015年から歌と演技の稽古を始めた。同年、東京と沖縄で上演されたミュージカル「H12」で重要な役を演じた。16年5月にはミュージカル曲の歌唱力を競う「全国拡大版ミュージカル・ワークショップ『集まれ!ミュージカルのど自慢」で最優秀賞に輝いた。

 映画のホームページで、モアナを支えるタラおばあちゃん役の夏木マリさんは「素直な声の中にいろいろな質の音があってうらやましかった」と絶賛している。モアナの相棒マウイを演じる尾上松也さんは「“日本のモアナ”というくらい見た目も雰囲気もモアナそのもの。会った時に鳥肌が立った」としている。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス