政治

「憤りでいっぱい」 辺野古沖ブロック投下で翁長知事が政府批判

辺野古沖のコンクリートブロック投下に「憤りでいっぱいだ」と述べる翁長雄志知事=7日午後4時46分ごろ、県庁

 翁長雄志知事は7日午後、米軍普天間飛行場の移設に向け、沖縄防衛局が名護市辺野古沖で県の中止要請にもかかわらずコンクリートブロックを投下したことについて「投入しないよう申し入れているが、事前協議などなかなか実質が伴わない中、このような行為が行われたことは憤りでいっぱいだ」と述べ、政府の姿勢を強く批判した。その上で再度、ブロック投下を中止し、汚濁防止膜の敷設計画の資料提出を求める文書を防衛局に出す考えを明らかにした。
 さらに「このまま工事を強行するなら、反対する県民の感情的な高まりが米軍全体への抗議に変わり、在沖米軍基地の運用は難しくなるだろうことは容易に想像され、ひいては日米安保体制に大きな禍根を残す事態を招くのではないかと危惧している」と述べた。【琉球新報電子版】

英文へ→“I am filled with indignation,” Governor Onaga criticizes Japanese government for dumping concrete blocks into sea off coast of Henoko



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス