経済

北谷、エンタメ拠点へ 町事業卒業生が18日にイベント

「北谷美浜パフォーマーズコレクション」をPRする北谷エンターテインメント・パークシティ推進連携体のメンバー=8日、県庁

 美浜地域を中心に北谷町をエンターテインメントの街として盛り上げようと、町などは本年度からの5年計画で、イベントに携わる専門人材を育成する「北谷エンターテインメント・パークシティ推進プロジェクト」を進めている。

 第1期卒業生約30人が事業の集大成として「北谷美浜パフォーマーズコレクション」を企画し、18日午後5時から美浜の観覧車前広場で開催する。8日に県庁で会見した卒業生の小野雅俊さんと平良浩一朗さんは「エンターテインメントの力で北谷をより魅力的にしたい」と抱負を語った。

 「エンターテインメント・パークシティ」は、季節ごとに変化のある空間演出や、にぎわいのあるショー、イベントの開催で、北谷を訪れる県民や観光客を増やすという構想。北谷町や町観光協会、デポアイランドなどで「北谷エンターテインメント・パークシティ推進連携体」を組織し、イベントを担うプロデューサーや音響・照明技術者を養成する。今後、アーティストのネットワーク化を図り、収益性のあるイベントを開催していく。

 18日のイベントは観覧無料。町出身のシャカリなど8組が出演する。問い合わせは同推進連携体(電話)098(926)3380。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス