政治

県議会が予算案可決 沖縄・自民は退席

沖縄・自民会派の退席後に17年度一般計予算を全会一致で可決する沖縄県議会=29日午前、沖縄県議会本会議場

 沖縄県議会(新里米吉議長)は29日、2月定例会最終本会議を開き、総額7354億4300万円の2017年度一般会計予算を全会一致で可決した。沖縄振興一括交付金など国庫支出金の減額が影響し、9年ぶりに減少した。野党の沖縄・自民会派は退席した。

 沖縄・自民会派はワシントン駐在員活動事業費や知事訪米費、MICE施設整備費などについて「われわれの疑問に対し、県当局から明確な説明がない」などとして予備費への載せ替えや削除を求める修正案を提案した。採決の結果、修正案は賛成少数で否決された。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス