スポーツ

島尻漁港で36キロ ロウニンアジ

 4月7日から9日までの2泊3日で宮古島に取材に出掛けた。

 初日はマイボートで伊良部島長山港横の通称「夫婦岩」に渡った。6.1キロのアカナーや3.8キロのムネアカ等の魚が数匹が釣れたが、期待していた釣果を上げることはできなかった。2日目は池間島で竿(さお)を出したが、結果が出せなかった。

 最終日の9日、飛行場に向かって車を走らせていると、フィードマン宮古支部の新人、島尻一臣さんから連絡が入った。彼は朝8時30分に島尻漁港でアオリイカを餌に大物仕掛けを投げ入れると、5分ほどで大物がヒット。気が付くと、300メートル巻いたリールにはほとんどラインが残っていなかった。竿を持ってやり取りをしたが、ライン全てを引き出されてしまった。ラインを全部出し切った大物は、リーフの先端の根を巻いて動かないと言うのだ。

 急いで現場に駆けつけると、われわれに竿を託し、素潜り姿に着替えた島尻さんは、急いで海に入った。ラインをたどって泳いで行くとリーフの先端付近で根にラインが絡んで暴れ回るロウニンアジを発見。何度も潜って絡んだ糸を歯でかみ切り、引き上げたのが36キロのロウニンアジで、島尻さんの自己記録を更新する1匹となった。
(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)


4月9日、宮古島島尻漁港で36キロのロウニンアジを釣った島尻一臣さん(フィードマン宮古支部)

2日、宮古佐良浜漁港で45センチ・1.3キロのサンノジを釣った河野真輝さん

3月27日、石垣島伊原間海岸で123センチ・21.8キロのロウニンアジを釣った宮城瞬さん

 


3月26日、西洲海岸で57センチ・3.35キロのマクブを釣った城間徳三さん

3月28日、与那海岸で65.5センチ・2.7キロのヒラスズキを釣った宮城武史さん(浮海会)

2日、西崎漁港でシガヤーダコを餌に73センチ・6.92キロのマクブを釣った大城祐裕さん

 


4月7日、西原海岸で43.5センチ・1.0キロのガーラを釣った三留しょうとさん

8日、伊良部島夫婦岩で6.1キロのアカナーや3.8キロのムネアカクチビ等を釣った(左から)砂川貴哉さん、花城周作さん、下里肇さん

4月6日、慶良間沖のスロージギングで103センチ・21キロのアーラミーバイを釣った前田いんめいさん