スポーツ

堤防から36キロのキハダマグロ

 今年1月中旬から北大東島に移住した垣沼翔太さん。釣り好きな彼には北大東の海は魅力的で時間があれば竿(さお)を出している。

 3月10日も仕事が終わって午後5時すぎから竿を出した。ポイントは北大東江崎港で、まずは餌となるムロアジを釣って、針に掛けてから仕掛けを流した。

 午後6時、150メートルほど流したところでいきなりのヒット。竿に重さが加わったが、リールから糸を出すほどの引きではない。沖で釣れるマグロは下へ下へと引くが、陸から掛けたマグロは引かないというのがこの島での定説。重量感はあるが、ジリジリとリールが巻ける。途中何度か抵抗するが30分ほどで足元まで寄せることができた。近くの釣り人からギャフを借り、引き上げたのが36キロ、県記録の大物だった。

 4月16日、GFG沖縄地区青年部フカセ釣り大会が開催された。期間中3種の魚種を釣った人を優先して総重量を競う大会で、主な結果は次の通り。(敬称略)

1位 赤嶺卓哉 4.96キロ

2位 川端勝己 4.71キロ

3位 玉城晃  4.17キロ

特別賞 百次仁弥 タマン72.5センチ・5.8キロ

(おきなわ釣王国社・仲栄真修)


3月10日、北大東江崎港で36キロのキハダマグロを釣った垣沼翔太さん

4月16日、GFGフカセ釣り大会で3種4.96キロを釣って優勝した赤嶺卓哉さん

16日、汀間漁港で105センチ・11.2キロのロウニンアジを釣った池原将貴さん

 


15日、渡嘉敷島で72.5センチ・5.8キロのタマンを釣った百次仁弥さん

16日、荒崎で45.1センチ・1.28キロの尾長グレを釣った長濱さん、田仲さん、新里さん

5日、安田海岸で42.2センチ・1.65キロのカーエーを釣った屋比久英史さん

15日、糸満海岸で49.5センチ・1.79キロと36.7センチ・0.67キロのタマンを釣った金城幸樹さん

18日、豊崎海岸で50センチ・1.49キロの特大アマイユを釣った眞鍋アントンさん

19日、名護海岸で41センチ・1.4キロのカーエーと43センチ・1.15キロのチヌマンを釣ったDavidさん



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス