地域

九州最大規模、沖縄市立図書館が移転開館 蔵書数22万冊

新図書館の検索システムで本を探す親子=3日午後3時すぎ、沖縄市中央

 【沖縄】沖縄市立図書館が3日、沖縄市上地の旧施設から市中央のコリンザ内に移転、開館した。開館初日から多くの人が訪れ、貸し出しコーナーに列を作った。延べ床面積は約3倍、蔵書数は約3万冊増の約22万冊となり、ワンフロアの図書館としては九州で最大規模の広さを誇る。

 開館式典が同日午後に行われ、桑江朝千夫市長は「複合施設の中にあるので、気軽に図書館に立ち寄り、本に触れてほしい。市民が有意義で快適に過ごせるよう取り組む」と述べた。
 沖縄市立山内中学校吹奏楽学部の演奏や市内で活動する「越来シーサーキッズ」の獅子舞が披露され、開館を祝った。沖縄総合事務局や沖縄防衛局、県の関係者もあいさつした。
 娘の雨音さん(7)、珠緒ちゃん(1)と訪れた桑江千絵さん(39)=市中央=は「座って読めるスペースが増えてうれしい」とほほ笑んだ。
 千絵さんは旧図書館の時は蔵書数などから他市町村の図書館まで行くことも多かったが「これからはたくさん来る。まだ本棚に空いているスペースもあるのでこれからどんな本が入るのか楽しみだ」と期待を膨らませた。
 新施設はコリンザの1階部分を改装した。床面積は約5041平方メートル。総事業費は約13億9700万円。【琉球新報電子版】