経済

ゆいレール駅に外貨両替機設置 アクトプロ、12カ国対応

 営業代行や出退店サポートなどを行うアクトプロ(東京、新谷学社長)は1日までに、沖縄都市モノレール(美里義雅社長、ゆいレール)駅構内に外貨専用両替機を設置した。設置したのは県庁前、牧志、おもろまち、首里の4駅で米ドルなど12カ国の通貨を扱う。アクトプロは今年1月に名護市の観光施設に設置したのをはじめ、5月末時点で県内20カ所に外貨両替機を設置した。年内に50機設置を目標とし、需要の高い場所を選定している。

 観光庁によると、訪日客の9割が現金で買い物をしているが、両替場所の少なさが不満な点に挙げられていた。ゆいレールにも問い合わせが相次いでいた。

 両替機は最も需要の高い米ドルのほか台湾、香港、中国の硬貨、紙幣にも対応し、端数が出ることなく全額両替できる。