社会

オスプレイが伊江島飛行場に緊急着陸 

6日に緊急着陸し、兵士が機体の点検を受けるオスプレイ=7日午後0時5分、伊江村

 【伊江】米軍普天間飛行場に配備されている米海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが6日夜、米軍伊江島飛行場のコーラル滑走路に緊急着陸した。伊江村役場によると人的、物的被害は確認されていない。機体は7日正午現在、伊江島飛行場に駐機している。

 7日午前8時40分、沖縄防衛局から伊江村役場に連絡が入った。防衛局の説明によると6日夜、訓練中のオスプレイのコックピットの非常灯が点灯したため、米軍伊江島飛行場のコーラル滑走路に緊急着陸した。現在機体の整備中で、安全確認ができ次第普天間飛行場に戻る予定。


伊江島から飛来し、普天間飛行場に戻るオスプレイ=7日午後2時7分、宜野湾市の普天間飛行場

 緊急着陸したオスプレイ1は7日午後2時8分、宜野湾市の普天間飛行場に戻った。
 沖縄防衛局によると、訓練中だったオスプレイは6日夜、コックピットの非常灯が点灯したため、緊急着陸した。7日に複数の米兵が伊江島補助飛行場で機体のエンジンカバーを開けて作業した。
 普天間飛行場には7日午後2時8分、北西から向かってきたオスプレイが滑走路南側に着陸した。【琉球新報電子版】

英文へ→Osprey from Futenma Air Station makes emergency landing at Ie Jima Auxiliary Airfield