在校生や家族に見送られ、40日の航海実習のため出港する沖縄水産高の実習船「海邦丸5世」=9日、糸満市の糸満漁港

 糸満市の県立沖縄水産高校の実習船・海邦丸5世(499トン)が9日午前、40日の遠洋航海実習のためオーストラリアに向けて糸満漁港を出港した。生徒らは集団生活をしながら操船技術やマグロのはえ縄漁を学ぶ。白い乗船服に身を包んだ生徒ら47人を在校生や家族らが見送り、安全と充実した学びを願った。

 実習参加者は海洋技術科の船長コース、機関長コースの3年生29人と、専攻科の漁業科、機関科の1年生18人。豪・ケアンズに寄港するほかは、ほぼ外洋での実習となる。卒業生は漁業や海上輸送を担う船員を目指す。

 生徒を代表して海洋技術科船長コース3年の山下青空(あおく)さんは「航海技術をしっかり学びマグロをたくさん捕りたい」と意気込んだ。