経済

ANA最新鋭機、石垣島と羽田結ぶ 8月31日まで

 【石垣】全日本空輸(ANA)は14日、石垣―羽田線で最新鋭機ボーイング787―9型機=写真=の定期便を就航した。8月31日まで。同路線の提供座席数は、前年同時期に比べ17・9%増の5880席となる。夏休み期間中の旺盛な観光需要の取り込みを図る。

 787―9型機の座席数は395席で、従来機の787―8型機(335席)の約1・2倍となる。石垣―羽田線は午前・午後の1日2往復しており、午後の便を787―9型機に変更する。