社会

県蝶制定向け観察会 天然記念物も歓迎 名護・今帰仁

コノハチョウを見付け、身を乗り出して観察する参加者ら=23日午前、名護市の嘉津宇岳

 【名護・今帰仁】沖縄県のチョウ「県蝶(ちょう)」制定に向けた「チョウの野外観察会」(主催・県の蝶制定県民の会、琉球新報社、共催・医療法人陽心会)が23日、名護市の嘉津宇岳と今帰仁村の乙羽岳で開かれ、参加者ら約50人は道中で出合ったシロオビアゲハやアオスジアゲハ、アカタテハなどのチョウを観察した。この日、県の天然記念物のコノハチョウとフタオチョウも飛んでいる様子が確認された。

 色鮮やかなコノハチョウの雄2匹が縄張りを巡って体をぶつけてけんかを始めると、参加者の目はくぎ付けになった。「すごいね」「あっち、あっち」と指をさし、熱心に見入った。

 乙羽岳では、事前に餌として仕掛けていたパイナップルの近くをフタオチョウ2匹が飛ぶと、参加者から歓声が上がった。

 県の蝶制定県民の会の大城安弘会長は「今回の観察会は県蝶制定に向けて多くの人にチョウについて知ってもらうために開催した。フタオチョウは数が少なく、見ることも難しい。今回の目的であったコノハチョウとフタオチョウを見ることができて良かった」と話した。

 県の蝶制定県民の会は11月までに県民投票を実施し、会が選ぶ県蝶候補を決める予定だ。県民の会は6月に県民投票で選ばれた種を県蝶にするよう、翁長雄志知事に陳情した。