社会

工事車両40台が基地内入構 辺野古新基地建設

砕石を積んだトラックが基地内へと入るために並んでいる=28日午前9時ごろ、名護市のキャンプ・シュワブゲート前

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、コンクリートミキサー車8台、砕石を積んだトラック32台を含む約40台の工事車両が28日午前9時ごろ、米軍キャンプ・シュワブゲート内に入った。その際、ゲート前に座り込む市民ら約10人が機動隊に排除された。
 一方、シュワブ内の辺野古崎先端西側の「N5護岸」建設予定地付近で砕石や砂利などを敷くなど、27日に実施された同じ作業が続いている。また「K1護岸」予定地西側付近では袋詰めされた砕石が投下された。資材搬入路の整備と見られる。


機動隊によって排除される市民=28日午前9時ごろ、名護市のキャンプ・シュワブゲート前

 那覇市から足を運んだ照屋幸子さん(64)は「新たな護岸工事が始まったが、諦めずに1日でも多く座り込みに参加したい。1分1秒でも工事を遅らせることができたら、工事を止められると思う」と話した。【琉球新報電子版】


「K1護岸」予定地西側付近で袋詰めされた砕石を投下するクレーン=28日午前10時ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス