くらし

[ココロ・カラダ不思議つながり]18 おとなのペニスはなぜ黒い?

Q.おとなのペニスはなぜ黒い?

 


 今日の質問は、温泉に行った時に気が付いたんだけど、日焼けをしていないはずなのに、おとなの人のペニスが黒っぽいのはどうしてですか? です。中学1年生からです。


A.肌守るメラニンの働き

 


 温泉で人の性器をジロジロ見るのは良くないけれど、さりげなく観察するのは、多くのことを学べます。形や大きさ、向きなど本当にさまざまですよね。違いがある中でも、おとなの人の性器が黒っぽいと共通点を見つけたのは素晴らしいことです。

 太陽の光を長時間浴びると、肌を守るためメラニンが働いて黒くなります(日焼け)。性器や乳首、唇などは太陽の光を浴びなくても成長とともにメラニンの働きで色が黒くなり肌が強くなります。ただし、生まれつきの肌の色の違いや日焼けの仕方に違いがあるように、性器の色の黒っぽさも違います。ネットで「性器が黒いのは性行為をいっぱいしている証拠」などと書いてあるのは嘘です。



 肌の色などは、住んでいる場所の日差しの強さに合わせて長い時間をかけて変化しました。人類が最初にアフリカの森で暮らしていた時には、全身を守るために毛が生えていました。食べ物を求めて森を出ると暑いので毛を無くし、強い日差しから肌を守るため、メラニンが働いて黒い肌になりました。

 その後、人類が食べ物を求めて熱帯から北や南に移動すると、日差しが弱くなりビタミンDが十分作れなくなって骨が弱くなりました。そこで、肌や髪、目の色を薄くして太陽の光が身体の中に入ってきやすくしたのです。今、日本で美白のために日焼けを完璧に避けている人の骨が弱くなることが問題になっています。

 ただ、日差しに当たるのは「ほどほど」が大切です。昔、イギリスに住んでいた肌の白い人たちが日差しの強いオーストラリアに移住しました。その中に高齢で皮膚ガンになる人が多いのは、肌の色や日光浴の習慣と日差しの強さが合っていないからだそうです。



徳永桂子(とくなが・けいこ) 思春期保健相談士。

 心が生きると書く「性」、心が生きて交わる・お互いの心を生かして交わると書く「性交」の漢字の通り、子どもたちがありのままの自分を肯定できるように。豊かなパートナーシップを築けるように。みんなで明るく肯定的に性について語れたらいいなと思って活動中。

 新報小中学生新聞に「ココロ・カラダ不思議つながり」を連載中。著書に「からだノート~中学生の相談箱」(単著)「LGBTなんでも聞いてみよう~中・高生が知りたいホントのところ」(共著)など。
 

~ この連載が本になりました ~

ココロ・カラダ不思議つながり

 
徳永桂子・著/上原明子・イラスト
A5変型判 128頁(オールカラー)

¥1,250(税抜き)
 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス