政治

名護市長選は新基地が争点 現職・稲嶺氏が見解

定例記者会見で質問に答える稲嶺進名護市長=3日午前、名護市役所

 【名護】稲嶺進名護市長は3日の定例会見で、来年2月の名護市長選を巡り「辺野古の新基地問題は避けては通れない」と述べ、新基地が争点になるとの考えを改めて示した。

 稲嶺氏は、新基地建設問題に「あいまいな表現で論点から外すと、市民の判断を誤らせてしまうことになりかねない。立場を明らかにして市民に問うべきだ」と強調。与党から要請を受けた出馬について「今は後援会で協議している段階。後援会で手続きを踏んでいく」と述べるにとどめた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス