スポーツ

比嘉がプレーオフ制し優勝 ツアー4季ぶり3度目

プレーオフを制し、ツアー3勝目を挙げた比嘉真美子=軽井沢72

 女子ゴルフのNEC軽井沢72最終日は13日、長野県軽井沢72(6655ヤード、パー72)で行い、本部町出身の23歳、比嘉真美子が優勝した。通算12アンダーの204で並んだキム・ハヌル(韓国)とのプレーオフで1ホール目をバーディーとし、パーのキムを制した。ツアーは4季ぶりで通算3勝目、賞金1440万円を獲得した。

 ツアーに本格参戦した2013年に19歳で2勝を挙げた以来、勝利から遠ざかっていた。比嘉は勝てなかった期間を振り返り、「もう二度と勝てないかと思う時期があった。うれしい」と感極まった表情で語った。【琉球新報電子版】