社会

作業ヤードで砕石移動 辺野古、ゲート前に100人

新基地工事で、網袋入りの砕石をつり上げるクレーン(左側)=23日午前9時40分すぎ、名護市の辺野古崎

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で23日午前10時現在、砂浜付近での仮設道路建設などの作業は見られない。波が高い状態が続いており、沖縄防衛局の警備船や新基地に反対する市民の抗議船は、出ていない。

 一方、辺野古崎の作業ヤードでは、クレーンが網袋に入れた砕石をつり上げて移動させる作業が確認された。

 米軍キャンプ・シュワブゲート前では、建設に反対する市民ら約100人が集まり「新基地建設やめろ」などと声をあげ抗議デモを行った。午前11時までに資材搬入のためのトラックの出入りは確認されていない。【琉球新報電子版】


米軍キャンプ・シュワブゲート前で約100人の市民らが「新基地建設反対」「美ら海壊すな」など声をあげ行進した=23日午前10時15分ころ、名護市辺野古



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス