芸能・文化

大型写真に広がる百年前の琉球 企画展「ウィルソンが見た沖縄」開幕

E・H・ウィルソンが100年前に沖縄で撮影した貴重な作品が展示されている企画展「ウィルソンが見た沖縄~琉球の植物研究史100年とともに」でウィルソンの写真を解説するウィルソン研究家の古居智子さん(左端)=8日、那覇市おもろまちの県立博物館・美術館

 県立博物館・美術館企画展「ウィルソンが見た沖縄~琉球の植物研究史100年とともに」(主催・県立博物館・美術館、一般社団法人沖縄美ら島財団、共催・琉球新報社)が8日、開幕した。

 屋久島のウィルソン株で有名な英国人プラントハンター、E・H・ウィルソンが1914年に鹿児島、17年に沖縄をそれぞれ訪れた際に撮影した写真計51枚を大型印刷で展示している。10月15日まで。

 同日、開会式が開かれ、米国のハーバード大学でウィルソンの写真を発掘した作家でウィルソン研究家の古居智子さんら関係者が出席した。

多くの来場者が、那覇港を背景にした垣花の街並みや、瓦屋根の並ぶ嘉手納の集落、当時クジラ漁が行われていた名護湾の風景などに足を止め、生活文化の変化を重ね合わせながら100年前の風景に思いをはせた。【琉球新報電子版】