社会

【台風18号】最接近は沖縄本島13日朝 宮古島地方13日朝から昼前 八重山地方13日昼すぎから夕方

台風18号(9月12日午前9時、気象庁ホームページから)

 強い台風18号は12日午前9時現在、日本の南を1時間に約35キロの速さで北西に進んでいる。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートルで、宮古島地方に13日朝から昼前、八重山地方に13日昼すぎから夕方にかけて、沖縄本島に13日朝に最接近する。

 沖縄気象台によると、先島諸島では12日夕方から、沖縄本島地方と大東島地方では12日夜遅くから強い風が吹く見込み。沖縄地方の沿岸海域は12日、うねりを伴って急に波が高くなる見込みで、気象台が警戒を呼び掛けている。

 台風は発達しながら西北西に進み、13日には非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込みだ。予想される最大風速は12日が八重山地方で18メートル、宮古島地方で20メートル、沖縄本島地方と大東島地方で15メートル。13日は八重山地方で50メートル、宮古島地方で35メートル、沖縄本島地方で18メートル。

 高波にも注意が必要だ。予想される波の高さは12日が宮古地方と沖縄本島地方で6メートル、八重山地方と大東島地方で5メートル。13日は八重山地方で12メートル、宮古島地方で11メートル、沖縄地方で8メートルで、離島を結ぶ船便の一部に欠航が出ている。

 先島諸島では13日、1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、沖縄気象台は低い土地の浸水や河川の増水に注意を呼び掛けている。【琉球新報電子版】