スポーツ

コイ成就 歓喜の沖縄市 広島東洋カープ、セ・リーグ連覇

プロ野球・広島のセ・リーグ連覇に歓喜する、キャンプ地・沖縄市のファン=18日午後5時すぎ、沖縄市上地の居酒屋「島ごはん」

 【沖縄】プロ野球セ・リーグの広島東洋カープが、2年連続8度目のリーグ優勝を遂げた18日、カープファンが集う沖縄市上地の居酒屋「島ごはん」は、大歓声に沸いた。店内は真っ赤なユニホームを着たファンで埋め尽くされ、歓喜の瞬間を待ちわびた。優勝が決まると、両手で力強くガッツポーズし、隣同士でハイタッチ。2連覇達成の喜びをかみしめた。ファンたちは昨年果たせなかった日本一実現に向け、期待に胸を膨らませた。

 広島東洋カープ沖縄協力会の島袋哲安副会長は「広島時代は続くよ。次は日本一を目指してほしい」と赤ヘル軍団の黄金期到来を宣言。2月に沖縄市で実施された優勝パレードに引き続き「またパレードして、みんなでカープの優勝を祝いたい」と開催を待ち望んだ。

 職場の同僚らと応援に駆け付けた仲村渠ひろみさん(43)は「ぜひ球場に足を運びたい」と日本シリーズ進出に期待した。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス