地域

「豊見城音頭」を制作 屋良博之さん、慈善ショーも

 【豊見城】豊見城市をPRする曲「輝け豊見城音頭」を制作した屋良博之さん(66)=豊見城市=が15日、市役所で宜保晴毅市長にCDを贈呈した。曲に合わせて振り付けをした西川流舞踊名取師範の西川帆秀(上原秀子)さん(76)=豊見城市=と弟子らが踊りも披露した。


宜保晴毅市長(右から4人目)に「輝け豊見城音頭」のCDを贈呈した屋良博之さん(同5人目)、振り付けをした西川帆秀さん(同3人目)ら=15日、豊見城市役所

 屋良さんはウエートリフティングの指導者として多くの日本チャンピオンを育て上げた。40年ほど前から趣味で歌い、2013年にアジア国際音楽コンサートバス部門で奨励賞を受賞。15年に屋良ボイストレーニング教室を立ち上げた。

 「輝け豊見城音頭」は、春麗作詞、安里隆作曲、屋良さんが歌う。歌詞では真玉橋や瀬長島などの地名やマンゴーの里なども歌われ、幅広く豊見城をアピールしている。屋良さんは「豊見城市を盛り上げるために頑張ります」と語った。宜保市長は「来月、早速合同運動会で流しましょう」と話し、市民に広げていく考えを示した。

   ◇    ◇

 「輝け豊見城音頭」は、18日午後6時から南風原中央公民館で開かれる「第1回屋良博之とボイスファミリーチャリティーショー」で披露される。入場料千円。問い合わせは(電話)090(8627)5038(野原)。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス