経済

マリオット石垣20年開業 来週にも工事着手へ

 世界最大手ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルが沖縄県石垣市川平で手掛ける「マリオットリゾート&スパ イシガキジマ」が2020年12月をめどに開業を予定している。同ホテルはマリオット社が国内で初めて直営するホテルで、県内離島では最大の380室となる。29日には地鎮祭が建設地で行われる。

 石垣島産業開発が建設し、マリオット社が運営する同ホテルは、約8万9千平方メートルの敷地に宿泊施設の他、サンゴ礁や海水など天然のものを生かしたラグーン・プールを併設する。

 同リゾートの380室はザ・ブセナテラス(410室)、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(397室)、ホテル日航アリビラ(396室)に次ぐ客室数を有する高級リゾートホテルとなる。

 当初19年開業を目指していたが、県や石垣市、地元住民との協議の継続が必要と判断し、開業目標時期を延長した。現在も調整を続けており、18年度初めにもホテル計画のイメージ図を公表する。マリオット社は川平区と地元住民を優先的に雇用するよう協定を結んでいる。

 マリオット社は米国メリーランド州に本拠地を置くホテル経営会社。ザ・リッツ・カールトンやシェラトンなど世界で30ブランドを展開している。

 県内では他にもオキナワマリオットリゾート&スパ(361室)を運営している。