政治

「恐ろしい状況に大変違和感」 翁長知事が高江米軍ヘリ炎上の現場を視察

現場視察後、記者のぶら下がりに応じる翁長雄志知事=12日、東村高江

 米軍普天間飛行場所属のCH53Eヘリが11日に東村高江で不時着し炎上した事故で、翁長雄志知事は12日正午すぎ、事故の現場付近を視察した。

 視察後、翁長知事は記者団に「のどかな農村地帯の中で、異様な形でヘリコプターが横たわっていた。日常の世界が一転し恐ろしい状況になることに大変違和感があった」と振り返った。

 また県が改定を求める日米地位協定が壁となり、県警が現場検証に至るまでに時間が掛かることについて、「日米合同委員会の中で日本政府に当事者能力がない。米軍に『二度と、こういうことがないようにしてください』という話しかしない訳で、豆腐にくぎのような状況だ」と指摘した。【琉球新報電子版】