政治

「時間定めない飛行停止を」 飛行停止で防衛局が見解

高江米軍ヘリ炎上でシュローティ在日米軍副司令官(右)に遺憾の意を伝える小野寺五典防衛相=12日午後2時10分ごろ、防衛省

 在沖米海兵隊が12日午前に96時間のCH53E大型輸送ヘリコプターの飛行停止を始めたことについて沖縄防衛局は13日午前9時すぎ、「防衛省としては期間をあらかじめ設定することなく事故の原因と安全が確認されるまでの間、運用が停止されることが必要と考えている」との見解を発表した。

 小野寺五典防衛相は12日午後、米軍が飛行停止を実施すると発表していたが、停止期間については言及していなかった。

 防衛省が米軍による飛行停止期間や停止着手時期をいつ認識していたのかについて、琉球新報の取材に沖縄防衛局は「昨日12日に小野寺防衛相と在日米軍のシュローティ副司令官が面談した際は『96時間』という話は出ていなかった。96時間の時間制限や、飛行停止が始まっていた事実をわれわれが知ったのは12日夜の米軍の報道発表資料が出て分かった」と回答した。【琉球新報電子版】