地域

東浜投手の最多勝祝う うるま市役所に懸垂幕

東浜巨投手の最多勝受賞で市役所に懸垂幕を掲げる島袋俊夫うるま市長ら=20日、うるま市役所

 【うるま】うるま市与那城出身のプロ野球選手、東浜巨投手(福岡ソフトバンクホークス)の最多勝受賞を祝い、うるま市は20日、市役所前に懸垂幕を設置した。除幕式が同日開かれ、県出身初の最多勝タイトル獲得を祝った。うるま市の友好都市・岩手県盛岡市出身で、東浜投手同様に最多勝を獲得した菊池雄星投手(西武ライオンズ)の最多勝受賞も祝い、2人の名が入った横断幕も披露した。

 東浜投手は、少年野球チーム「与那城ストロング」でエースとして活躍。2008年春の選抜高校野球大会では、優勝した沖縄尚学の投手としてチームをけん引した。

 島袋俊夫うるま市長は、東浜投手の今季の活躍ぶりに「市の栄誉である。市民をはじめ、県民や子どもたちに大きな感動を与えてくれた」とたたえた。また、ことし友好都市5周年迎える盛岡市出身の菊池投手とのW最多勝受賞に「これも何かの縁だ」と喜びを語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス