学P沖縄リーグ閉講式でトロフィーなどを手にする学生ら=10日、那覇市港町の沖縄ファミリーマート本社

 沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)は10日、県内大学生が参加した就業体験(インターンシップ)「学P沖縄リーグ2017」の閉講式を那覇市港町の本社で開いた。「ベスト学P賞」は沖縄キリスト教学院大が選ばれ、過去最多4度目の最高賞に輝いた。

 11回目の開催で、県内7大学の63人が参加し、商品の開発・販売を経験した。キリ学大はシュークリーム「もっちり!ざっくり!きなこdeしゅー」を開発し、販売数量1位の2万8322個を売り上げるなど総合評価でトップになった。リーダーの大嶺ひかりさん(21)は「一人一人が自らの役割を果たせた」と成果を語った。

 各部門の成績は次の通り。

 ▽販売数量部門 (1)沖縄キリスト教学院大(2)沖縄女子短期大「オムカレーおむすび」(3)沖縄国際大「クレープでつつむ紅いもパイフィーユ」

 ▽販売金額部門(1)沖縄大「牛と豚の鶏プル丼」(2)名桜大「トリくら弁当」(3)沖縄国際大

 ▽敢闘賞 琉球大「エッグベニディク丼」、県立芸術大「シーサンクリームのもっちりパン」