社会

「七五三」でとびきりの笑顔 波上宮、家族連れで参拝

七五三で風船をもらって喜ぶ子どもたち=15日、那覇市の波上宮(内原優士撮影)

 7歳、5歳、3歳の子どもの健やかな成長を祝う「七五三」の行事が15日、県内各地の神社であり、多くの家族連れが参拝した。

 那覇市の波上宮も着物姿の子どもたちで華やぎ、境内には元気な声が響いた。
 
 御殿では祭事が行われ、子どもたちも緊張した様子で玉串を供えた。みこから記念メダルとちとせあめを受け取ると、とびきりの笑顔を見せた。
 
赤い晴れ着で参拝した當山桜彩(さあや)ちゃん(3)=浦添市=は「大きくなったら(きかんしゃ)トーマスに乗りたい!」。父の滋朗さん(34)は「元気すぎるくらい元気な子。これからの成長が楽しみです」と話し、家族で記念撮影に応じていた。【琉球新報電子版】