社会

F35パネル落下か 嘉手納基地の暫定配備機 北谷上空旋回後に着陸

外部とのアクセスパネルを落下せたと思われるF35=30日午前10時28分ごろ、北谷町砂辺より撮影(読者提供)

外部とのアクセスパネルが外れていないF35=8日午前10時40分、嘉手納町(花城太撮影)

 米軍嘉手納基地に暫定配備されている最新鋭ステルス戦闘機F35A戦闘機が、機体右側面にある外部とのアクセスパネルを落下させた可能性がある。

 パネルを落下させたと思われるのは2機編隊で午前9時15分ごろに離陸した機体の1機。

 北谷町上空を旋回した後、午前10時30分ごろに嘉手納基地の南側滑走路から通常着陸をした際、離陸時にあったパネルがなくなっていた。機体は現在、駐機場に格納されている。

 沖縄防衛局が午後1時現在、米軍に事実関係を確認している。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス