スポーツ

【電子号外】宮里優作、初の賞金王 ゴルフ日本シリーズ、逆転V

クリックで拡大(PDFファイル590KB)

 男子ゴルフの日本シリーズJTカップ最終日は3日、東京よみうりCC(7023ヤード、パー70)で行われ、首位タイから出た37歳の宮里優作が優勝し、賞金4千万円を獲得。初の賞金王となった。今大会前まで賞金ランク1位だった小平智を逆転してのタイトル獲得となった。選手会長としての賞金王も初めて。

 宮里は今大会、1アンダーの8位で発進、2日目も1アンダーと伸ばしトップと3打差の8位をキープした。3日目にノーボギーの5アンダーと猛チャージを掛けてトップタイに浮上していた。
 宮里は今季、5月の中日クラウンズで優勝した後、国内メジャー戦では10年ぶりの沖縄開催となった日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯で逆転優勝を飾り、国内三大大会の初制覇を果たした。10月のツアーワールド・カップも制し、今季は自己最多の4勝を挙げた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス